景品表示法

景品表示法 / 景表法 / 不当景品類及び不当表示防止法 とは

誇大広告や過大な景品付き販売など、消費者が不利益を被らないよう商品やサービスの品質、内容、価格などを偽って表示することを規制し、また、過大な景品類の提供を防ぐことを目的とした法律。正式名称は、不当景品類及び不当表示防止法。

« Back to Glossary Index