SEO

SEOに効果のある共起語の見つけ方

SEO(検索エンジン最適化)において、よく語られる共起語。
関係性が強く一緒に用いられやすい単語の組み合わせに注目すると コンテンツマーケティング を実施する上で有用な施策が考えられるようになります。

一緒に検索されやすい単語の組み合わせからユーザーのニーズを推定する

検索エンジンに単語を入力する場合、一緒に入力される可能性が高い単語の組み合わせが存在します。

「パソコン」という単語であれば、「格安」「人気」「中古」「おすすめ」等の単語が一緒に入力されることが多いでしょう。

共起語に着目すると、ユーザーが求めている情報がより理解しやすくなります。

パソコンの値段に関して情報が欲しいのか、他人のレビューが見たいのか、あるいは、詳細な仕様が知りたいのかといったニーズを把握できるからです。

このようなユーザーの意図に合わせてコンテンツを用意しておくと、サイトへの訪問者を増やし、購買意欲をかきたてられるようになります。

単語の組み合わせによっては検索するユーザーが特に多いものが存在します。「パソコン ノート」といった検索は、「パソコン 通販」といった検索よりも頻度が高いといった具合です。

検索ボリュームの多い組み合わせに対応したコンテンツを作成しておくと、検索結果画面の上位に表示され、訪問者の増加が狙えるでしょう。

検索やSNSの履歴から特定のユーザー層が使いやすい共起語を特定する

ユーザーインサイト分析ツールMindPickでは、あるキーワードに関連した共起語の分析が可能です。

 

例えば、カメラに関連性の強いキーワードとしては「キヤノン」「ニコン」「オリンパス」といったメーカーに関する単語や、「一眼レフ」「搭載」「ccd」といった機能に関する単語が含まれています。

「スマホ」に関する検索行動も認められるため、スマートフォンに搭載されたカメラに関する関心もうかがえます。

まとめ

SEO ではユーザーのニーズを推定し、それに応えるコンテンツを用意するのが鉄則です。

サードパーティーデータを含んだユーザーの行動履歴から関心を推定するMindPickを利用すると、ユーザーの検索意図を分析し、検索ボリュームの多い共起語を特定するのが簡単になります。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。