マーケティング戦略

今さら聞けないペルソナを設定する理由と作成方法

ペルソナは、マーケティング活動において頻繁に使われる言葉でありながら、それが必要になる背景や作成方法に誤解が見られる場合もあります。
自社の活動に都合が良いようにペルソナを設定してしまっては意味がありません。

自社の顧客として想定される架空の人物像がペルソナ

マーケティングの分野でよく聞かれるペルソナ。なぜペルソナが頻繁に用いられるか知っていますか?

ペルソナとは、自社の顧客として想定される架空の人物像です。

あたかも本当に実在するかのように、名前や生い立ち、日々の暮らし方、趣味趣向等を設定します。取り扱う商品によっては収入の額や収支の傾向、好きなブランド・映画・雑誌といった項目を加えていきます。

Webマーケティング を行っていれば、年齢・性別などの属性情報を意識して日々の分析を行っているでしょう。

それでも、ペルソナを設定すると、より具体的にユーザー像が描けるようになります。

ユーザー視点のマーケティングを推進し、関係者同士のコミュニケーションを円滑化する

ペルソナを設定する大きなメリットの一つに関係者同士のコミュニケーションが円滑化できる点が挙げられます。

10代女性の行動パターンといっても、普段その層と関わりの少ない中年男性には想像が難しいかもしれません。属性情報だけではイメージしにくかったユーザー層も、ペルソナを設定すれば、社内で同じ認識を共有できるようになります。

また、普段からペルソナを意識してマーケティング活動を行っていると、ユーザーの視点に立った施策を期待できるようになります。

自社が儲かるかどうかよりも、ペルソナにとって有益なキャンペーンを行っているかどうかを考えると、長期的には有効な戦略になる場合が多々あります。

アクセス解析や市場データを元に、客観的な視点でペルソナを設定する

ペルソナを設定する際には、 アクセス解析 や市場データ、あるいは実際のユーザーへのインタビューを元に、架空の人物像を作り上げます。

自社に都合のよい人物像にならないよう、客観的な視点を忘れないようにします。

ユーザーインサイト分析ツールのMindPickを利用すれば、あるキーワードに興味を示すユーザーの具体的な特徴を提示してくれるので、ペルソナ作成に有効です。

 

例えば、「バイク」に興味のあるユーザーは、40代・50代男性が多く、自動車も所有している傾向があり、「専門店」「中古」といった情報を検索しているということが分かります。

まとめ

MindPickのユーザープロフィール機能では実際のユーザーが検索した履歴やQ&Aサイトに投稿した質問をもとに属性情報を作成しているため、ペルソナを描く際に、より“リアル”なユーザー像を描けるようになります。

どの業界であっても、ペルソナを設定して関係者間のコミュニケーションを円滑にし、顧客視点のマーケティング活動を目指すようにしましょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。