コンテンツマーケティング

ユーザー中心設計によるコンテンツマーケティング

ユーザー中心設計とは、ユーザーの理解に基づいて「あるべき姿」を描き、満足度の高い体験を提案する手法です。
コンテンツマーケティング においてもユーザーの行動を分析し、総合的なユーザー体験の向上へつなげることができます。

ユーザーが欲している情報と理想的なシナリオを明確にする

コンテンツマーケティング を行っていると、検索ボリュームの多いキーワードを盛り込むことに躍起になってしまったり、コンテンツを見たユーザーが次に何をしてほしいかを忘れてしまったりする場合があります。

そもそもユーザーに何を実現してほしいかを考えるために、ユーザー中心設計は有効な手段と言えます。

ユーザー中心設計では、ユーザーが実際にとった行動を分析し、自社が顧客として考えるユーザー層を特定します。

そのユーザー層にとって価値がある情報とは何であり、その情報を取得した結果、何を実現するかのシナリオを明確にするのが次のステップです。

ターゲットとするユーザーの属性や関心に応えるコンテンツを制作する

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使うとユーザー中心設計が推進できます。

 

ここでは、「マンション」情報サイトを例にして考えてみましょう。

MindPickの分析によると30代40代の既婚男性が多く、未就学児・小学生の子供がいるケースが多いとされます。特に、「騒音」「足音」「退去」「賃貸」といったキーワードに関心が強い傾向が理解できます。

マンション情報サイトでは、上記のユーザー層が安心して不動産を購入できるような情報を提供するのが目的となるでしょう。騒音などの不安を抱いているユーザーに対して、不安を解消するコンテンツを用意すれば、購入を後押しできます。

購入を決断したユーザーには、不動産業者へ連絡を取れるような手段を用意しておくと、スムーズな購入体験が完結できると考えられます。

まとめ

ユーザー中心設計では、ユーザーに関する洞察を得た後に、理想的なシナリオを描き、それに応える製品・サービスを開発します。

自社がターゲットとするユーザー層が求める情報を制作しておけば、効果の高い コンテンツマーケティング が遂行できるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。