イベント

Treasure Data主催「TREASURE DATA “PLAZMA”(トレジャーデータプラズマ)」で『Audience API』を紹介させていただきました

2018年2月19日(月)から21日(水)までの3日間にかけてトレジャーデータ株式会社が主催するイベント「TREASURE DATA “PLAZMA”(トレジャーデータプラズマ)」に参加させていただきました。

「TREASURE DATA “PLAZMA”」は、国内外の デジタルマーケティング 業界をリードし続けてきたトレジャーデータが、日本のビジネス業界のさらなる発展、より効果的なデータ活用推進によるデジタルイノベーションおよび デジタルマーケティング のさらなる進化を目的として、国内外のデジタルイノベーションを実現している最先端の事例紹介や最新のテクノロジー情報を発信するイベントで、1年間かけて東京の中心都市を4回に横断して行われます。
今回はその第1回目として、東京 丸の内で行われました。

昨今、データ活用の需要が高まり、またデータへのアプローチが変わりつつある中で、なかなか具現化できていないというのもよく耳にします。そういった意味では、こういったイベントで最先端の事例を紹介したり、情報を発信することで、少しでも皆様のお役に立てればと思いました。

今回、我々クロスリスティングは、株式会社Legoliss様と、カスタマーケーススタディセッションのブースにご一緒させていただきました。21日(水)のセッションでは、弊社三木が、Legoliss重原さん・田中さん、カタリナマーケティング小川さんとともに登壇し、オンライン・オフラインのデータ活用についてお話しさせていただきました。

・「本当に使える?見える? 使い倒せる3rdpartyデータをこっそり伝授! 〜店舗購買データとオンライン3rdpartyデータを利用したデータ活用方法〜 」

またLegoliss様のブースをお借りして、弊社が提供する3rd Party DataのAPIサービス『クロスリスティングDMP Audience API』とユーザー理解・ペルソナ自動生成ツール『MindPick』を紹介させていただきました。

我々の特徴は、インターネット上でユーザーが能動的に情報を探索する「検索キーワード」データとユーザーが疑問や悩み解消するための利用するコミュニティサイト「Q&Aサイト」閲覧データというユーザーの本当の本音が詰まったデータを大量に保有している点です。(類推・拡張なしの精度の高いファクトデータです!)

これらのデータは、あらゆるライフステージにおいてユーザーの興味関心を把握できますので、自社データでは分析しきれない特性や新たな発見を見いだすことが可能です。また、自社データと掛け合わせることで、オーディエンスの発見、顧客行動の予測強化、 エンゲージメント の向上、新たなビジネスの創出など、あらゆるマーケティング活動にお役立てできるかと思います。

『クロスリスティングDMP Audience API』や『MindPick』は、皆様のマーケティング活動において少しでも簡単に、安く、活用いただけるサービスとなっております。
また、『MindPick』は14日間無料でトライアル利用できますので、ご興味のある方は是非、お試しください。

※ データは個人が特定されない形式で管理しております

【参考】
ユーザー理解・ぺルソナ生成ツール『MindPick』(マインドピック)は14日間トライアルを実施中です。
→ 『MindPick』(マインドピック)についてはこちら

【参考】
『MindPick』のベースとなるデータをサードパーティーデータ(第3者データ)としてもご提供しております。
→ 『クロスリスティングDMP Audience API』についてはこちら