SEO

SEOキーワードのポートフォリオ(Portfolio)を作成しよう

顧客を集めて成果につなげるキーワードを選定するのは難しい作業です。
行き当たりばったりで SEO 対策をとっても、集客するべき層からのアクセスが得られません。様々な角度で分析したキーワードを選択するには、どうしたら良いでしょうか。

自社の目標に合致したキーワードの組み合わせを一覧化する

SEO キーワードを選定するには「ポートフォリオ」の作成が有効とされます。

ポートフォリオとは、複数の観点からキーワードを分析し、最適な組み合わせを分析した表です。

具体的には、Excelシートのような表に、キーワード・検索ボリューム・競合度・Q&Aサイトでのトピック・関連する他サイトのページ・目指すべきCTA(コール・トゥ・アクション)等を記載して作成します。

ポートフォリオを作成する際には、自社サイトの目標に合致したキーワードについて分析する必要があります。

化粧品のEコマースサイトであれば、有名ブランドのキーワードについて検討します。また、ITツールの オウンドメディア で網羅するべき単語は、企業のIT業務担当者が興味を持つべき単語です。

競合が少なく需要が多いキーワードを発見してSEOの効果向上を目指す

 

キーワード発掘ツールMindPickでは、検索ボリュームや効率に応じたキーワードを発見できるのがメリットです。特に、共起語が詳細に一覧化されるため、マーケティング担当者が認識していなかったキーワードを発掘するのに有効とされます。

例えば、「化粧品」に関する単語を分析すると、「化粧水」のような似た単語に加え、「肌」「二重」「メイク」といった関連キーワードが理解できます。

さらに、その単語に関連している、Q&Aサイトに投稿されたトピックが抽出できるため、顧客が疑問に思っている内容が分かりやすくなっています。

ポートフォリオを作成する際には、MindPickの分析結果から検索ボリューム等から対策をとるべきキーワードを選定し、さらに、Q&Aサイトの質問を踏まえて、SEO 対策をとります。

また、商品購入やユーザー登録、ホワイトペーパー取得といったコール・トゥ・アクションを決定すれば、その戦略に従って作成するべきコンテンツが決定できます。

まとめ

一つのサイトで対策するべきキーワードは一つではありません。

競合が少なく需要の多い複数のキーワードに対してバランス良く SEO 対策をとると、ニーズの変化や他社の動向に左右されない強力なサイトが構築できるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。