コンテンツマーケティング

記事作成を外注するなら? プラットフォーム型、受託型のクラウドソーシングの特徴とメリット、デメリット

コンテンツマーケティング の成否を分けるのは、ユーザーを満足させるような、品質の高い記事を定期的に投稿できる体制づくりです。
しかし、社内に専属のライターがいない、あるいは記事の執筆を兼任できるような人員がいなければ、良質なコンテンツを継続して増やしていくのは予想以上に難しいものですよね。
品質の高い記事を大量に集める場合役立つサービスが、記事作成を代行する外注サービスです。
デジタルマーケティング に取り組む企業が増える中、ユーザーにとって価値のある、品質の高い記事を作成する クラウドソーシングサービス も急成長を遂げています。
記事作成を外注する クラウドソーシングサービス は、主に「プラットフォーム型」「受託型」と呼ばれる2つの種類に分けられます。
記事作成代行について検索すると、多数の企業が表示されます。一つひとつ調査する前に、まずは2つの クラウドソーシングサービス の特徴と、メリット・デメリットをおさえておきましょう。

「プラットフォーム型」の記事作成外注サービスの特徴は?

クラウドソーシングサービス の大手、「ランサーズ」や「クラウドワークス」に代表されるプラットフォーム型は、発注者とライター個人が直接やり取りできる記事作成外注サービスです。
プラットフォーム型のメリットは、ライター個人を指名できる点にあります。
ライターと直接、案件ごとに密に連絡を取り合えるので、発注や修正の段階で細かいニュアンスや指示を伝えることも可能です。
また、報酬もライターへ直接支払うため、受託型のサービスと比較して記事代も安価に抑えられます。

しかし、ライター個人との契約はデメリットもあります。
登録しているライターは、プロとして活躍しているフリーライターから、いわゆる在宅ワークの一環として登録している学生や主婦まで多岐にわたります。
実際に求める品質やスピードで執筆できるライターと出会えるかどうかは、ある程度運次第になることも否めません。
また、納品までの進行管理も発注者が担当するため、案件数や契約ライターが増えれば、管理の工数も掛かります。
単発のスポット案件や、少量の高品質な記事を発注するときに向いている外注サービスといえるでしょう。

「受注型」の記事作成外注サービスの特徴は?

一方、受注型と呼ばれる クラウドソーシングサービス は、ライターと直接やり取りするわけではありません。
サービス運営会社の担当者が中間に入り、ライターの選定や発注、品質管理や納品管理まで一括で行う外注サービスです。
発注者は、ライター個人を指名することはできないものの、担当ライターのレベルを指定することは可能です。
さらに、納品された記事の誤字脱字や、WEB上の盗作を防ぐ、いわゆるコピペチェックについてもサービスの担当者に依頼できます。
ライターの募集や個別の交渉、納期管理や納品記事のチェックを社内で補うためには、予想以上のコストが掛かかります。
外注の手間を抑えてある程度安定した品質の記事を大量に発注できるのは、受託型のクラウドソーシングを選ぶ何よりのメリットといえるでしょう。

ただし、管理業務をサービス側に委託する分、ライター個人と契約するプラットフォーム型のサービスと比較して記事のコストは全体的に高めの設定です。
また、ライターに直接記事の内容や修正を細かく指定することはできません。
100記事、1,000記事という単位で記事が必要になる SEO 対策や アフィリエイト サイトの運営で、積極的に活用したいサービスといえます。

記事作成外注の落とし穴!大量に発注する「企画」の枯渇


デジタルマーケティング に取り組む企業も増え、記事の作成を外注できる クラウドソーシングサービス を活用すれば、専門的な知識を持つライターを探すことも、大量の記事を短時間で集めることも可能になりました。
しかし、その記事の企画を担当するのは、あくまで発注者です。
そして、コンテンツマーケティング の成否は、自社の商品やサービスに興味を持つユーザーが知りたい、読みたいと思えるような魅力的なテーマの記事を、継続して掲載できるかどうかがにかかっています。

オウンドメディア を立ち上げた経験のあるマーケティング担当者であれば、当初は明確だった外注記事で依頼するキーワードも、運営を継続するうちに次第に枯渇して、思うように効果も上がらずに悩んだことがあるのではないでしょうか。
とくに専任の担当者を置かず、別の業務と兼任することの多い中小企業の運営するWebメディアは、日常の業務に忙殺されて記事の企画が追いつかず、いつの間にか更新されなくなってしまうケースも珍しくありません。
コンテンツマーケティング の対費用効果を高めるならば、記事作成を外注してコストを削減するだけではなく、企画の精度向上や効率化の取り組みも大切です。

コンテンツマーケティングの企画立案を大幅に効率化!
キーワード発掘ツール「MindPick」

「MindPick」は、大手検索サイト「goo」の検索行動や、Q&Aサイト「教えて!goo」の行動データを解析して、コンテンツマーケティング に有効なキーワードを発掘する、良質な記事の外注に欠かせない企画立案の大幅な効率化に役立つツールです。
キーワードを入力すると、そのキーワードに興味を持つユーザーが関心を示す言葉や、複合語として検索されている代表的なキーワードを一括して取得できます。

キーワードを指定して大量の記事を発注する受注型の記事作成外注サービスでは、取得したキーワードに基づき発注するだけでも、検索ユーザーのニーズを捉えた記事を集めることも可能です。
さらに関心ワードが含まれるQ&Aは、ユーザーが知りたい情報を具体的に調査する手がかりとなる情報の宝庫です。

 


14日間無料トライアル実施中

MindPick(マインドピック)の無料トライアルはこちらから。
ぜひお試しください。