データ関連

ユーザー分析に基づいたマーケテイングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション はセミナーやソーシャルメディアで獲得した、あらゆるマーケティング情報を一か所に統合します。
ユーザー分析に基づき、最適なメッセージを自動的に届ける仕組みが実現できます。

ユーザーの年齢やライフスタイルに合わせて自動化ルールを作成する

マーケテイングオートメーションは、 見込み顧客 の購買意欲や商品への理解度に合わせて最適なコンテンツを送る仕組みを自動化します。

オンライン・オフラインで得られる各種情報を統合して、 見込み顧客 の情報が正確に集積できるようにする必要があります。また、 見込み顧客 への リーチ するべき最適なタイミングをルール化し、メールやモバイルでのプッシュ通知で最も効果的なメッセージを届けます。

マーケティングオートメーション で実行するべきルールを作成するには、正確なユーザー分析が欠かせません。自社がターゲットとするユーザーの年齢・性別・ライフスタイルが分からなければ、どのようなタイミングで、どのチャネルを使って リーチ するべきか理解できないからです。

見込み顧客 が抱える問題や興味・関心に沿ったコンテンツを用意するのが、マーケティングオートメーション 成功の鍵です。

サイトの質問から 見込み顧客 の商品知識レベルを推測する

Webでの閲覧行動を基に、ユーザーの年齢・性別・ライフスタイルを分析するのは有効な方法です。

ユーザーインサイト分析ツールMindPickは、あるキーワードに興味を持っているユーザー層の傾向を理解するのに役立ちます。

例えば、商品への理解に時間がかかる専門性の高い商品として「投資信託」について考えてみます。投資信託に興味があるのは30代・50代の男性が多いという傾向が分かります。野村証券・楽天証券といった企業や、利益・ランキング・おすすめといった単語で検索する頻度が高く、具体的な投資行動への興味が見て取れます。

Q&Aサイトでは「投資信託は儲かるのか?」といった投資を始める前の初歩的な質問から、特定のファンドに対する質問まで多岐にわたっています。初心者レベルのユーザーや、具体的な疑問を持ったユーザーに対して、適切なタイミングで最適な情報を提供するのが マーケティングオートメーション の役割であり、ユーザーとのより良い関係構築に役立ちます。

まとめ

マーケティングオートメーション は 見込み顧客 へのアプローチを高度化・自動化します。

その自動化ルールを作成する際に、ユーザーインサイト分析ツールによって 見込み顧客 への理解を深めると、より効果的なルールが描けるようになるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。