コンテンツマーケティング

訪問客を顧客へと導くランディングページとCTA(行動喚起)ボタンの設置について

ランディングページ に設置するCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンや広告文の文言は、少し変えるだけで大きな効果を生む場合があります。
効果の高いキーワードを特定するには、どうしたらよいでしょうか。

ユーザーの行動を促すCTAボタンには最適化された文言が必要

商品の購入を消費者に決意させるために特別に作成されたWebページは、ランディングページ と呼ばれます。

ランディングページ では、ユーザーの行動を促すためのCTAボタンが設置されます。問い合わせをしたり、購入申し込みをしたりして、訪問客を顧客へと導く役割を果たします。

ユーザーに行動を促すという意味では、リスティング広告 等に表示する文章や画像もCTAボタンの一種です。検索キーワードやユーザー属性、購買意欲の高さなどに合わせて最適な文言を見出す必要があります。

CTAボタンには、価格・特典・限定サービスを含めると良いとされます。今すぐクリックしたいと思わせるような仕掛けによって、成約率を高めるのです。

大げさな表現をし過ぎると法的に規制対象になる場合もあるので、注意が必要になります。

ユーザーが関心を抱くであろうキーワードをCTAボタンに採用する

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使うと、ユーザーが関心を抱くキーワードが特定できるので、CTAボタンに使う文言に活用できます。

 

例えば、「野菜」に関連するキーワードとして、「冷凍」「弁当」「宅配」といった料理の形態に関する単語や、「おでん」「揚げ物「玉ねぎ」といった食材・料理に関する単語が関連づけられました。

CTAボタンに使う場合は、弁当のような用途を限定した文言が興味を引くのかもしれません。

また、「野菜」というよりも「玉ねぎ」といった具体例の方がイメージが湧きやすいため、ユーザーの行動を促す可能性があります。

まとめ

ランディングページ では、ユーザーの具体的な行動を促すCTAボタンを設置します。

ユーザーインサイト分析ツールを活用し、ユーザーが関心を抱くであろうキーワードを特定し、最も効果の高い文言を考案するようにしましょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。