SEOコンテンツマーケティング広告・集客

顧客の購買サイクルに合わせたキーワード選定

消費者が購入に至るまでには認知・調査・比較・購入といったサイクルがあります。
ユーザーの検討状況に合わせてキーワード選定を行わなければ、効果のあるキャンペーンは行えません。

購買サイクルによってユーザーが使うキーワードは異なる

欲しい物を買うときには、どんな手順を取りますか?テレビやネット広告で気になった商品について検索を行い、口コミサイト等で評判を調べ、購入へと流れになる場合が多いでしょう。

それぞれの場合で、検索エンジンに入力する単語が異なる傾向が知られています。

例えば、スーツケースを購入する場合を考えてみましょう。認知や調査の段階では、「スーツケース 国際線」「スーツケース おすすめ」といったように、品揃えを調べるための曖昧なキーワードが良く使われます。

一方で、比較・購入に至る段階では「スーツケース リモワ」「スーツケース サムソナイト」等の具体的なブランド名が用いられる場合があります。

比較・購入を希望するユーザーは検索ボリュームが少ない単語を用いる場合がある

 

SEO や広告出稿を検討する場合、検索ボリュームが多い単語に注目してしまいがちです。

しかし、多くの人が商品に興味を持つものの、購入に至る人は限られるという購買サイクルを考慮すると、認知・調査の検索ボリュームが多く、比較・購入の検索ボリュームが少なくなってしまいます。

そのため、ターゲットとするべき単語は購買サイクルに合わせて選定する必要があります。認知度を高めるキャンペーンでは検索ボリュームが多いキーワードを選び、コンバージョンを狙う施策では検索ボリュームが少なくても確実に リーチ できるキーワードを選択するのが賢い戦略です。

キーワード分析ツールMindPickでは、検索ボリューム重視・効率重視・バランス型のキーワード選定を支援する機能があります。あるキーワードに関する共起語の一覧が閲覧できるので、それらの単語を使ったキャンペーン立案に活用できます。

まとめ

検索ボリュームにばかり注目していると、認知・調査のフェーズばかり リーチ してしまい、比較・購入を希望するユーザーを取り逃してしまいます。

購買サイクルに合わせたキーワード選定がキャンペーンの効果を左右します。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。