広告・集客

DSK(コンテンツターゲティング)のキーワード選定

コンテンツターゲティングはユーザーが閲覧しているサイトの内容に合致したときに広告を配信する手法です。文脈に合った広告がユーザーの興味を強く喚起します。

登録したキーワードに関連するサイトにのみ広告を配信するコンテンツターゲティング

Google広告 では DSK (ディスプレイ・セレクト・キーワード)あるいは、コンテンツターゲティングと呼ばれる、比較的新しい手法が注目されています。登録したキーワードに合わせ、ユーザーが広告をクリックしやすいように、そのキーワードに関連した内容のWebサイトにのみ、広告を配信する仕組みです。

通常のキーワードターゲティングの場合、そのキーワードに興味のあるユーザーであれば、配信先のサイト内容によらず、広告が配信されてしまうため、ユーザーの購買意欲が低い状態のときでも、広告が配信されてしまう恐れがあります。
また、 リマーケティング も強力な手法として知られていますが、一度サイトを訪問したユーザーのみが対象なので、幅広く新規ユーザーを獲得することはできません。

コンテンツターゲティングの場合、ユーザーが特定の情報を検索し、閲覧している最中に、内容に合致した広告をサイト内に配信するため、 投資対効果 を高める効果があります。ニーズの低いユーザーには配信せず、ニーズの高いユーザーに配信するため、 CPA (ユーザー獲得あたりのコスト)を低減させる効果が期待できます。

関連キーワードを発見し、年齢・性別で絞り込みを行い広告効果を高める


ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使うと、ある単語に関連してユーザーが検索する頻度の高い共起語を発見し、さらに、そのユーザーの多い年齢や性別が分析できます。

例えば、株式投資に興味があるユーザーは30代や50代の男性が多いという傾向が分かります。また、株式投資と共に使われていたキーワードとしては、日本株、長期、タイミング、青色申告、時事通信、投資顧問などが挙げられました。

このような単語をコンテンツターゲティングのキーワードとして選定すれば、株式情報や運用手法を紹介するサイトにのみ、広告が配信される仕組みです。また、年齢・性別による絞り込みが可能なので、より効果の高い広告キャンペーンになります。

まとめ

コンテンツターゲティングで着目するべきキーワードを選定するには、分析ツールを利用するのが早道です。特に、新規ユーザーを獲得するのを狙う場合、これまでターゲットにしていなかったキーワードを使ってみると、新たなユーザー層が開拓できる可能性があります。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。