コンテンツマーケティング

コンテキストによってコンテンツの価値が変わる

どんなに優れた広告でも提示する場面を間違えては効果が上がりません。
興味を抱くであろうユーザーに適切なタイミングで最適なメッセージを届ける方法が求められています。

アマゾンの商品推薦が有効なのは、関連商品を購入したという文脈があるから

「もしコンテンツが王様なら、コンテクストは神だ(ゲイリー・ヴェイナチャック)」同じ情報でも、興味を呼び起こす工夫の有無によって、そのコンテンツの価値は大きく変わっていきます。

アマゾンの商品推薦が有効なのは、その関連商品を購入したというコンテキストがあるからです。ニュースサイトで 記事広告 が提示されるのは、そのニュースと広告に関連があるため、ユーザーの興味を喚起します。

コンテンツマーケティング を行う上では、検索行動からユーザーの意図を探り、その背景にあるコンテキストを探るのが有効です。

情報収集をしている段階、購入を意識している段階といったように、文脈に合わせたコンテンツを用意すると、そのコンテキストにあるユーザーにとって価値のある情報が提供できるでしょう。

ユーザーの検索意図を推定し、コンテキストに合わせたコンテンツ制作を目指す

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを活用すると、あるキーワードと共に使われやすい共起語が特定できます。

 

例えば、「電子レンジ」に関連するのは、「ヘルシオ」などの特定のブランドや「加熱」「解凍」といった機能面のキーワードが挙げられます。

特定のブランドに興味のあるユーザーは、購買意欲が高く、機能感の比較やユーザーのレビューを見たいと考えています。この検索意図に対応するコンテンツを準備すると、ユーザーからの評価が高まるでしょう。

機能面の検索を行っているユーザーは、電子レンジでできる利点を調査していると推定されます。既存の製品モデルでは実現できなかった調理方法や、手軽に美味しい料理を作る方法を紹介すると、機能面の調査を行っているユーザーの興味を引くことができるでしょう。

まとめ

コンテンツの価値は、それが提示される状況に応じて変わってきます。

ユーザーが検索行動をとる意図を理解した上で、それぞれのコンテンツを制作しておくと、高く評価されるようになると考えられます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。