マーケティング戦略

スピーディーなPDCAサイクルを実現する『データドリブンマーケティング』とは?

データドリブン とは、根拠のあるデータに基づき意思決定を進める考え方です。
米国マーケティング協会が2011年度のベストブックとして選出した『データ・ドリブン・マーケティング―最低限知っておくべき15の指標』は、米Amazon社CEOのシェフ・ベゾス氏の愛読書として知られ、世界中の経営者やマーケティング担当者の関心を集めました。
国内でも、2016年末に(当時)ヤフー株式会社の宮坂学社長が、これまで展開してきたサービスで蓄積したデータを活用して顧客の満足を高める「マルチビッグ データドリブン カンパニー」へ脱皮するというメッセージを発表して注目されています。

デジタルマーケティング の世界では、計画、実行、評価、改善の PDCA を回すスピードが、最終的な成果を大きく左右します。
数字に基づく効果測定でスピーディーに PDCA サイクルを行うことができる データドリブン マーケティングの取り組みは、マーケッター個人の経験や勘によるバイアスに頼らず、競合の多い デジタルマーケティング の世界で大きなアドバンテージを勝ち取る手法として、その存在感を増してきました。

 

データドリブン マーケティングを実施するためには?

 

データドリブン マーケティングでは、販売実績や顧客情報、WEBサイトのアクセス情報など社内で蓄積したデータと、WEBや他社の販売するデータを紐づけながら分析を行い、基準となる指標に向けた改善案を抽出して実施します。
データドリブン マーケティングは、蓄積されたデータが増えれば増えるほど、予測できることの範囲は広がることが大きな特徴です。

しかしその一方で、 データドリブン マーケティングの担当者には爆発的に増え続ける ビッグデータ を正しく捉えて分析し、効果的な改善案を抽出できるスキルが求められます。
そのため2009年にgoogleのチーフエコノミストだったハル・ヴァリアン博士が「今後10年間、最もセクシーな職業は統計学者である」と予測した通り、統計学や心理学、さらには経営や企画などビジネス知識にも精通した データサイエンティスト やアナリストと呼ばれる専門家は、ビジネスやICTの最前線で非常に重要なポジションを担い続けてきたのです。

しかし近年、中小企業や小売業界の店舗運営でも、こうしたデータ分析を起点としてより良い顧客体験を生み出す データドリブン マーケティングへ取り組むケースが広がっています。
それを可能にしたのが、統計解析の専門的な知識がなくても多数の ビッグデータ を紐づけて分析できる DMP (データマネジメントプラットフォーム)や、解析したデータを事業の改善や施策決定に役立つかたちでシンプルに「見える化」する CRMBI など データドリブン マーケティングを強化するツールです。

厖大なWEB解析データや売上データ、マーケティングデータの分析や解析が一部の専門家のものではなく一般化し、さらにその工数も大幅に削減されたことで、短期間に PDCA のサイクルを回すことが可能になった データドリブン マーケティングは、費用対効果の高いマーケティングの手法として今後ますますその価値が高まっていくでしょう。

 

検索キーワードからユーザーの理解が求められるSEOやコンテンツ立案の データドリブン マーケティングに強みを持つMindPick

 

クロスリスティングDMPは、ユーザーの抱える疑問や悩みの分析に役立つ消費者の能動的な検索や、Q&Aサイトの閲覧行動のデータを大量に保有しています。
そして、このクロスリスティングDMPの解析データをわかりやすく見える化して、キーワードの発掘やユーザー理解を素早くサポートしてくれるツールが『MindPick』です。
サイト訪問のURL履歴を主要なデータとして取り扱う一般的なDMPと違い、MindPickで視覚化されるクロスリスティングDMPは、ユーザーの興味関心や悩みを強く反映している検索キーワードを主なデータとして取り扱い、消費者を5万カテゴリ以上に細かく セグメント 化します。

 

 

検索キーワードや検索クエリの短いフレーズから、その裏に隠れたユーザーのニーズの分析することが求められる SEOSEMコンテンツマーケティング の分野で データドリブン マーケティングに取り組む上で、とくに強みを発揮する点が大きな特徴です。
たとえば『ベビーカー』をテーマにコンテンツを制作する際、どのような内容を提案するべきでしょうか。
MindPickのマーケットユーザー分析は、ベビーカーに興味・関心を持つユーザーが他にもどんな検索ワードでリサーチしているか関連する単語を調べることができます。

 

 

MindPickに「ベビーカー」と入力すると、「双子」について同時に検索しているユーザーは、さらに波及して「中古」「レンタル」「抱っこ紐」などの話題を調べていたり、「兄弟」という単語から「赤ちゃん返り」という単語を検索していたりと、消費者がどんな疑問や悩みを抱えているのか分析可能です。
さらにユーザーの閲覧したQ&Aから、年代別のベビーカーの使い方や選び方、赤ちゃんを連れての旅行に関するコンテンツの立案も考えられます。
類推や憶測を交えないデータから発掘した、ユーザーのリアルな疑問を反映した検索キーワード群は、大量のデータを分析して施策を考える データドリブン マーケティングに基づくコンテンツの立案に大いに役立つことになるでしょう。

消費者の購買目的やニーズを含めた大量のデータを分析して、顧客そのものを「見える化」することで、顧客の満足につながる適切な意思決定へつなげる データドリブン マーケティングに。MindPickのマーケティング分析機能を、是非一度お試しください。

 


14日間無料トライアル実施中

MindPick(マインドピック)の無料トライアルはこちらから。
ぜひお試しください。