コンテンツマーケティング

顧客のライフステージに合わせたコンテンツ戦略

最近は通勤電車の中はスマートフォンで情報を閲覧している人ばかりです。
就業状況や子供の有無など、ライフステージが変われば、それに合わせてインターネットを使う時間帯やデバイスが変わってくるものです。
コンテンツを制作する側は、ユーザーの生活習慣を踏まえて戦略を立案する必要があります。

朝の通勤時間帯にスマホ検索する20代男性、深夜にファッションを調べる20代女性

Yahoo!が行った調査によると、スマートフォンによる検索が増えるのは、朝の通勤時間帯・ランチ休憩時・夜の就寝前となっています。

特に、20代男性は朝の通勤時間帯にスマートフォンで検索する頻度が高いという結果になりました。一方、20代女性は、仕事・家庭・育児と様々なライフステージにいる層が混じっているため、特定の時間帯に集中したアクセスはありませんでした。

20代女性は、昼・夕方にかけてレシピの検索を行う、ゴールデンタイムにはエンタメ関連の情報を探す、18時から22時頃は軽自動車等の検索が多い、深夜帯は趣味(ファッション・美容)に関する検索が多い、という傾向がありました。

ライフステージに合わせてメッセージ・デバイス・曜日・時間帯を最適化


ユーザーの行動に合わせてコンテンツ制作や広告戦略を立てると、より効果的なキャンペーンが行えます。

就業状況や子供の有無といったライフステージが変われば、重視する価値観が異なるため、訴求するコンテンツを合わせる必要があります。また、広告を出稿する際には、デバイスや曜日・時間帯まで指定してキャンペーンを行うと良いでしょう。

ユーザーインサイト分析ツールでは、ある単語に関心を強く抱いている層の年齢や子供の有無、持ち家の有無など、ライフステージに関する洞察が得られます。

例えば、ハンバーグに関心が強い層として、20代女性に加え、30代40代の男女が挙げられました。また、子持ち未就園児・子持ち小学生の割合も多いとされます。

Web検索やQ&Aサイトでの質問投稿を含んだ膨大なデータを基に分析しているため、高い精度でライフステージを推定できるのがメリットです。

まとめ

子供の有無、就業状況等によって、使うデバイスやネットを利用する時間が異なってきます。

コンテンツで訴求するべきメッセージや、広告配信する曜日・時間帯・デバイス等を細かく分析し、マーケティング施策の精度向上を目指す取り組みが求められています。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。