コンテンツマーケティング

MindPick(マインドピック)を使ってコンテンツのアイデアを導き出す方法

質の高いコンテンツの制作はどの企業にとっても大きな課題です。
コンテンツ制作の経験の少ない担当者や、コンテンツ制作を続けるうちにアイデアが無くなってしまった人にとっては、分析ツールを活用したコンテンツ制作がおススメです。

リーチ したいユーザー層の特徴を明らかにし、検索意図や共起語を特定する

コンテンツ制作では、読者となるユーザー層にどんな内容を提供したいかを検討するところから始めます。

SEO 効果の高いキーワードを意識し、他のサイトが解説している内容とは異なるコンテンツを制作するよう心がけます。

 

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使えば、上記のコンテンツ制作が一か所で完結します。

例えば、「海外旅行」に関するサイトを運営しているとしましょう。MindPickで「海外旅行」に興味を持つユーザー層を分析すると、30代40代にその傾向が強いことが分かります。男女比では若干女性が多く、既婚の割合が多いとされます。

MindPickでは、おすすめのキーワードが定量的に示されます。

「ハワイ」「ツアー」「グアム」「パスポート」といった共起語が多く検索されているので、これらの内容で検索ボリュームが多いと理解できます。

Q&Aサイトへの質問から求められているコンテンツを推定する

 

海外旅行に興味のあるユーザーがQ&Aサイトに投稿した質問から、このユーザー層が抱えるであろう問題が推定できます。

具体的には、同行する友人がキャンセルした場合の手続きや、評判の良い旅行会社はどこか、といった質問が明らかになっています。このような質問に答えるコンテンツを用意しておけば、サイトへ訪問する検索ユーザーの増加が期待できます。

コンテンツ制作の方針が決まれば、実際に文章を執筆するなどしてサイトへ公開します。

アクセス解析ツール を使い、コンテンツ制作時に立てた仮説を検証しながら、想定したユーザー層が望むコンテンツに仕上げていくと良いでしょう。

まとめ

コンテンツ制作は行き当たりばったりで行っても効果が出ず、ユーザーの意図やニーズを探りながら準備する必要があります。

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使えば、一つのサービスでユーザー層の属性情報からQ&Aサイトに質問している内容まで分析できるので、具体的なコンテンツ案を考え出せるようになるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。