コンテンツマーケティング

明確キーワードと曖昧キーワードの違いを理解しよう

検索キーワードの分析を行っていると、ユーザーの検索意図が明確に分かる場合と、そうでない場合が発生します。
どちらの場合でも、ユーザーの役に立つコンテンツを作る方法があります。

検索意図を推定し、ユーザーの問題を解決するコンテンツを制作する

検索意図が分かりやすい単語の組み合わせは明確キーワードと呼ばれます。

「航空券 予約」と検索しているユーザーは航空券を予約したいというニーズが明確です。「履歴書 書き方」といったキーワードでは、履歴書を綺麗に書くためのノウハウが求められています。

明確キーワードの場合、なぜそのキーワードを調べたくなったのか、という背景を想定してコンテンツを制作します。

航空券の予約をしたいユーザーは、予約をする方法を知らない、知っていても使い方が分からないといった可能性があるからです。その問題を解決するようなコンテンツを制作すると良いでしょう。

一方で、意図が明確でないものは曖昧キーワードと呼ばれます。

「ANA 航空券」という検索では、空席状況が知りたいのか、買い方を知りたいのか推測するのは困難です。「履歴書 写真」といった調べ方の場合、写真のフォーマット、写真の撮り方、写真の有無といった様々な可能性のうち絞り込むのが難しくなってしまいます。

曖昧キーワードの場合、その意図を推定するのが難しいため、どれが一つに絞ってコンテンツを制作します。例えば、ANAの航空券の買い方についてコンテンツを制作した上で、 アクセス解析ツール からそのニーズを検証していくと良いでしょう。

共起語を分析し、該当するユーザー層の特徴を特定する

ユーザーインサイト分析ツールのMindPickは、検索行動からその意図を探るのを得意としています。

 

例えば、「履歴書」について分析すると、「志望動機」「特技」といった各項目について興味のあるユーザー層や、「封筒」「写真」といった事務手続きに関心を示すユーザー層が特定されています。

さらに、ユーザー層ごとに属性情報や共起語が分析できるので、検索キーワードに基づいたコンテンツ制作が迅速化されるでしょう。

まとめ

ユーザーの検索意図が推定しやすいかどうかで明確キーワードと曖昧キーワードに分けられます。

いずれの場合でも、ユーザーが抱いているであろう問題を解決するようなコンテンツ制作を行うと、サイトへの訪問者増加へとつなげられます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。