SEOコンテンツマーケティング

キーワードプランナーとキュレーションサイトから検索意図を探る

あなたは検索エンジンで情報収集するとき、何を求めていますか?
まとめサイトのような物事の全体像を理解したいときもあれば、特定企業のサイトを探すときもあるでしょう。
検索意図に沿ったコンテンツはユーザーから高い評価を得られます。

情報収集型、案内型、取り引き型の検索目的

SEO(検索エンジン最適化)を図る上でユーザーが検索を行った背景を推察するのは重要です。

情報収集を行っている段階のユーザーと、購入を決意したユーザーでは異なる検索キーワードで異なる行動をとるため、企業側もそれぞれに適したコンテンツを用意する必要があります。

ユーザーが検索した目的、つまり検索意図には、いくつかの種類があります。

まず、何らかの情報や知識を獲得したい「情報収集型」の検索があります。 潜在顧客 が多く利用するため、検索ボリュームが多いのが特徴です。

次に、特定のサイトに移動するための「案内型」の検索があります。特定のブランドに興味のある既存顧客に多い方法です。

最後に、購入や申し込みを行う意図のある「取り引き型」の検索です。顕在顧客が該当するため、このユーザーを取り逃さないようにするのが重要と言えるでしょう。

キーワードプランナーや キュレーションサイト から検索意図を探る

検索意図を探る際に、Google キーワードプランナー が有効です。

特定のキーワードについて分析すると、それと共起して表れやすい単語と、その検索ボリュームや競争率がリストになって表示されます。

例えば、「航空券」というキーワードを分析すると「飛行機 値段」といった情報収集型の検索や、「jal 国内線 予約」という案内型、「飛行機 チケット 予約」という取り引き型の単語が表示されます。

検索意図を知るには、多くの記事を閲覧し、どのような情報に興味が集まっているのかを探る方法もあります。

「NAVER まとめ」のような キュレーションサイト を閲覧したり、「Yahoo!知恵袋」等のQ&Aサイトを回覧したりすると、ユーザーが知りたい情報について洞察が得られるでしょう。

ユーザー層ごとに検索キーワードやQ&Aサイトの質問を分析するMindPick

ユーザーインサイト分析ツールMindPickでは、特定のキーワードに対して、特に興味のあるカテゴリに分けてユーザー層が分析できます。

ユーザー層それぞれに対して共起して表れやすい単語やQ&Aサイトでの質問文が閲覧できる機能が一つにまとまって提供されています。

例えば、「航空券」というキーワードに関心のあるグループの中で、「海外」に興味のある層、「国内」に興味のある層といった絞り込みが可能です。

さらに、「海外」に興味のある層は「パスポート」「マイル」といった単語を検索しているのに対し、「国内」に興味のある層は「楽天トラベル」「スカイマーク」等の単語を検索しています。

それぞれの分析ツールに特徴があるので、それらを理解した上で、よりユーザーに対する理解を深めると良いでしょう。

まとめ

ユーザーが検索を行う際には、情報収集型・案内型・取り引き型といった、異なる検索意図があります。

キーワードプランナー や キュレーションサイト を使えば、検索意図の推察が容易になります。

特に、MindPickでは共起語の分析やQ&Aサイトの質問文が統合して分析できるため、分析作業が迅速に行えるようになるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。