データ関連

Web閲覧ビッグデータ分析が生み出す3つのA

膨大なデータを分析し生まれる価値としてActionable(迅速な意思決定)、Accurate(正確さ)、Alternative(新たな視点)の3つが提案されています。
Web閲覧履歴からマーケティングに関する価値を得る方法について考えてみましょう。

Actionable(迅速な意思決定)、Accurate(正確さ)、そして、Alternative(新たな視点)

ビッグデータ ・マガジンでは、 ビッグデータ が生み出す価値として3つのA(Actionable、 Accurate、Alternative)が提唱されました。

まず、Actionableとは迅速な意思決定を支援できるようになるというメリットです。突発的に注目されるキーワードが検知できれば、消費者がその時に着目するトピックをリアルタイムにとらえ、販促キャンペーンに活かすことができます。

次に、Accurateはより精度の高い分析ができるようになる可能性を指摘しています。人力では数百件のコメントに目を通すのも困難ですが、 ビッグデータ 分析では数万件のコメントを整理・分類し、その傾向を明らかにする施策も問題なく実行できます。

最後に、Alternativeとして、これまで気づかなかった新しい洞察や代替案を見つけられるようになります。分析の高速化によって今まで見過ごしていた重要な変化を発見できます。これまで分析対象外だったデータから発掘できるトレンドもあります。

キーワードグラフによって単語間の隠れた関係性を見つけ出す

 

ユーザーインサイト分析ツールMindPickはインターネットを検索・閲覧した履歴を収集し、 ビッグデータ 分析を提供しています。月間1億ユニークブラウザという膨大なデータで、マーケティングの意思決定を助けます(Actionable)。ユーザーの興味・関心を約50000もの極めて細かい粒度により実現できるのは、精度の高いセグメンテーションです(Accurate)。さらに、Q&Aサイトでの投稿内容をユーザー分析に紐づけるという、これまでにない分析方法も提案されました(Alternative)。

MindPickのキーワードグラフ機能では、単語間に見られる関連付けの強さが視覚的に理解できます。中古車という単語には、メーター・走行・ディーラーという単語が検索エンジンなどで同時に使われる傾向があります。

このような高度な分析によって、これまで使えなかった情報から隠れた関係性を見出せるようになるのは、 ビッグデータ 分析の力によるものが大きいと言えます。

まとめ

ビッグデータ 分析はActionable(迅速な意思決定)、Accurate(正確さ)、Alternative(新たな視点)という3つの価値を提供します。

Web閲覧情報は ビッグデータ 分析が利用できる分野の一つであり、これまで見えなかったキーワード間の関係性を可視化できる等の使い方が考えられます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。