マーケティング戦略

業界動向レポート・市場分析をする前に有効なユーザー分析

商品開発やマーケティング施策などを立案する上で定量的な分析ができる マーケティング・リサーチ は強力なツールになり得ます。
しかし、大規模な市場分析を行ったり、高額な業界動向レポートを購入したりする前にやっておくべきユーザー分析があります。

アンケートや業界動向レポートを闇雲にあたっても意味がない

消費者の動向を統計的に割り出すため、市場分析を様々な形態が提案されてきました。

電話調査やインターネット調査、街頭、郵送などでアンケートを行います。また、少人数の想定ユーザーにインタビューやフォーカスグループでの調査を実施し、定性的で詳細な情報を取得する方法もあります。

市場全体の動きや競合企業の事業を知るためには業界動向レポートの利用も有効です。調査会社が独自に入手した情報を加えているので、自社では得るのが難しい内容にも触れられるでしょう。

ユーザーの理解に欠かせない マーケティング・リサーチ ですが、情報源や分析方法を十分に吟味しなければ意図した結果が得られず失敗に終わることも少なくありません。

特に、店舗のPOSデータや一般的な アクセス解析ツール では、表面的な消費者の行動しか把握できないため、誰がなぜ、そのような行動をとったのかが理解できない場合もあります。

属性情報や興味・関心をあらかじめ理解してから調査を進める

市場分析を行う前に、あらかじめ当たりをつけておくと意味のある分析結果が得られる可能性が高まります。

特に、ユーザーインサイト分析ツールのMindPickを利用すると、特定のユーザー層の属性情報や関心を持っているキーワードを理解できます。

例えば、「シャンプー」に興味のあるのは男女とも30代40代が多く見られます。また、10代女性にも同様の傾向が見られます。さらに、「色落ち」「髪染め」「まとめ髪」といったキーワードに関心を持ち、Q&Aサイトに質問をしています。

このユーザー分析を踏まえ、30代40代の男女に市場調査を行ったり、インタビューを通して髪染めに関するニーズを深堀りしたりすると良いでしょう。

まとめ

マーケティング・リサーチ は闇雲に情報を集めても行動につながるような優位な結論は得られません。

データを収集する前に、ユーザー分析ツールを使って、属性情報や興味関心を理解し、あらかじめ仮説を立ててから調査を行うと、より意味のある結論を得やすくなります。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。