コンテンツマーケティング

B2B(=BtoB)向けコンテンツマーケティングの第一歩

コンテンツマーケティングB2B に向いた施策と言われます。
確かな情報を提供し、信頼感を獲得すれば、Webからの集客はもちろん、継続した案件獲得にもつながる可能性があります。

B2B 事業で効果を発揮するオウンドメディアは構築するまでが困難

B2B 事業の特徴は、顧客の育成が必要な点が挙げられます。

専門性が高く、値段が高い B2B 商材は、購買の意思決定までに時間がかかるため、初めて接点を持った時点から徐々に詳細な情報を提供し、購買意欲を高める施策が望ましいとされます。

オウンドメディア で顧客が抱える問題と、その解決策としての自社商品を紹介する情報を掲載すると、 見込み顧客 の育成に役立つのです。

コンテンツマーケティング を始める上で大きな課題となるのが編集者及び執筆者の確保です。

専門性が高いため、外部から編集者やライターを探すのが難しいため、自社内で育てる必要があります。編集者としては顧客や市場動向を分析し、Web上でどのような行動を取るかを理解できる人材が求められます。

また、執筆者は、主任レベルのメンバーが執筆する時間を確保するよう上司に働きかけて、事業部全体でコンテンツ作成を推進しなければなりません。

顧客が関心を持つキーワードを分析するツールで経験の少ない編集者・執筆者を支援

 

経験の少ないマーケティング担当者が コンテンツマーケティング を開始する場合、分析ツールの利用が効果的です。

定量的な分析に基づいて注力するべきキーワードが提案されるため、まずは、その提案に従った上で、 PDCA サイクルを回して改善を図るという進め方が可能です。

ユーザーインサイト分析ツールMindPickを使って、「建築」に興味のあるユーザーについて分析すると、40代男性にその傾向が強く、建築基準法・陸屋根・建築基準法に従った大規模リフォームの方法・建築確認申請といった専門用語に興味を抱く傾向がある点が分かります。

膨大なデータを元に提案を行う分析ツールであるため、専門性の高いコンテンツについても洞察が得られます。

顧客がWeb上で検索しているキーワードを明らかにし、それに応えるコンテンツを作成するのが、 B2B 向け コンテンツマーケティング の第一歩となるでしょう。

まとめ

B2B は専門性の高い情報を提供し、ユーザーの育成から購入・サポートへとつなげていく コンテンツマーケティング に向いた事業です。

コンテンツマーケティング を新しく始めるには、編集者や執筆者の育成が課題となりますが、スマートな分析ツールを使えば、足りない経験を補い、定量的な分析結果をもたらしてくれます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。