マーケティング戦略

「人」の理解で市場を把握!定量調査と定性調査のメリット・デメリット

「定量調査」と「定性調査」は、代表的なマーケティングの手法です。
新たな商品やサービスを、どのように市場に導入するか。どこを狙って広告を配信すれば、顧客の エンゲージメント を最適化できるのか。
市場を的確に把握するマーケティングには、解決したい課題にあわせて、2つの調査手法を使い分けることが大切です。
今回は、定量調査と定性調査、それぞれの持つメリット・デメリットを中心に、ユーザー理解に役立つマーケティングの調査手法について解説します。

 

「定量調査」:統計的な事実で、市場全体を把握できる調査方法

 

定量調査とは、一定数量のサンプルデータを集めて、統計的な事実を導き出す調査です。集計したデータは、最終的に人数や割合などに数値化して、マーケティングの仮説検証に役立てます。
主な調査方法は、アンケートやネットリサーチ、街頭調査や電話調査などが挙げられます。統計的に信憑性のあるサンプル数となるように、数百人~数千人単位の対象者からデータを収集するため、量的調査ともいわれる手法です。

【定量調査のメリットは?】

新商品の満足度を確認するときに、限られたユーザーの声を集めるだけでは市場全体の雰囲気はつかめません。
しかし、定量調査で収集したアンケートの結果を、肯定的な意見の割合と否定的な意見の割合に分けて比較すれば、市場全体から見たおおよその満足度を、簡潔に把握することができます。
そして、明確な数字で可視化された、統計的な裏付けのある定量調査は、新たな施策を打ち出すときにも、大きな説得力を持つデータとなります。
マーケティング担当者が、上司や他部署を説得するプレゼンテーションの材料として、強力な武器となる調査方法です。

【定量調査のデメリットは?】

定量調査で得られた数値を、具体的なマーケティング戦略のレベルまで落とし込むには、それぞれの数字がもつ意味や重要性を把握する、統計学の知識が求められます。
また、定量調査は、事前に決まっている回答の範囲でしかデータを収集できません。そのため新商品の満足度調査で、なぜ否定的な意見が多いのか、あるいはどんな点を改善すれば満足度が向上するか、というところまで踏み込んだ意見を拾い上げるためには、事前にユーザーが答えそうな回答の仮説を立てたうえで、アンケートを作成する必要があります。
Aか、Bか。すでにニーズが顕在化している、十分に練りこまれた仮説に基づく選択肢の中から、どちらがより多くのユーザーに選ばれるかを把握したいときに適した手法といえるでしょう。

 

「定性調査」:新たなユーザー理解やヒントにつながる調査方法

 

一方「定性調査」とは、ユーザーの発言や行動から、数値や割合で表せないような心の動きや隠れたニーズをリサーチすることに適した調査方法です。
主な調査手法としては、座談会形式の グループインタビュー や、一対一で行うデプスインタビュー(パーソナルインタビュー)が挙げられます。
商品開発の時、特定のモニターに期間を決めて商品やサービスを使用してもらうモニター調査も、定性調査の一種です。

【定性調査のメリットは?】

新商品の満足度を調査するとき、定量調査で分析した数値から、肯定的な反応を示したユーザーの割合を調べるだけでは、商品のどこが良いと感じたのか、なぜその商品が必要なのかまで踏み込んだ、ユーザーの本音を知ることはできません。
しかしユーザー自身と対話する定性調査なら、こちらが思いもよらないような商品のニーズや、これまで思い至らなかった改善点につながるようなユーザーインサイトの発掘に役立つヒントを、会話の中から読み取ることも可能になります。
司会者の話題の引き出し方や、文脈を理解するマーケッターのスキルによって、その情報の精度はさらに高まるでしょう。

【定性調査のデメリットは?】

ですが反面、個人の発言は当然矛盾することは避けられず、調査で探している インサイト に適したモニターが必ず集まるとも限りません。
対談によるバイアスに惑わされず、定性調査からユーザー理解につながるヒントをつかむためには、表面上の言葉の裏にある本音を理解する、マーケティング担当者の心理学的な知識が不可欠となります。
また、取り扱う商品やサービスによっては、ユーザーから本音を聞きだすことが難しいテーマもあるでしょう。

 

定量的なデータで、ユーザーインサイトを把握する!MindPickの活用方法

 

郵送調査や訪問調査、電話調査など、厖大な手間とコストがかかる手法が主だった定量調査も、インターネットの登場で、圧倒的な短時間・低コストで実現できるサービスが登場しています。
とくに大きく変化したのが、取り扱えるデータの量です。
大容量データを管理するコストは、驚くほどのスピードで下がりました。そして、蓄積されたデータを低コストで分析できるプラットフォームの登場で、かつては処理ができなかったような膨大なデータ、いわゆる ビッグデータ と呼ばれるデータを中小の企業のマーケティングでも手軽に活用できる、ビジネスの変革が起こりつつあります。

 

 

MindPickは、月間1億UBという膨大なデータからユーザーのリアルな検索行動やQ&Aサイトの閲覧行動を分析することで、これまでは定性調査に頼らざるを得なかった 潜在顧客 層の理解や、ユーザーインサイトの把握を、定量的なデータからサポートする分析 BI ツールです。

特定のキーワードに興味・関心を持つ消費者を5万カテゴリ以上に分類し、ユーザーが抱く本音の悩みや疑問を分析する「マーケットユーザー分析」。
そして、任意のwebサイトの訪問した 見込み顧客 の興味・関心を分析する「サイトユーザー分析」。
消費者の「行動」という厖大な ビッグデータ に2つの側面から着目することで、これまでのマーケティング調査では難しかった、人の気持ちに焦点を当てて狙い撃ちする「オーディエンスターゲティング」へ活用できるアウトプットを実現しています。
MindPickは現在、無料トライアルを受付中です。 ビッグデータ 解析で実現した新たなマーケティング調査を、ぜひこの機会にお試しください。

 


14日間無料トライアル実施中

MindPick(マインドピック)の無料トライアルはこちらから。
ぜひお試しください。