データの特徴

消費者・顧客の意識変化を「検索キーワード・質問サイト閲覧」から察知

人は生活の中で様々な決断をしています

それは「購入する」「転職する」「引っ越しする」等々、多岐に渡りますが、その決断に至るまでの『予兆』を

いち早く察知することのできるウェブ行動データが弊社が提供する『消費者・顧客の検索・Q&A閲覧データ』です

 

『検索・Q&A閲覧データ』から捉えられる消費者・顧客の変化

消費者・顧客の購買等の意思決定予兆

消費者が商品等の購入を「考え始める・決めるプロセス」は、ウェブでの検索や質問サイト閲覧行動に
現れやすく、その動きを見ていくことで、その『予兆』を捉えることができます。

消費者・顧客のライフステージの変化

消費者・顧客は、日々の生活の中でライフステージに応じた行動をウェブ上でもおこなっており、
検索や質問サイト閲覧等のウェブ行動データを時系列でみていくことで『ライフステージの変化を察知』できます。

消費者・顧客の興味関心の変化

消費者・顧客は、興味を持ったことについて「知りたい」という欲求をウェブを活用して満たしています。
ウェブ行動データを見ることで、その興味関心や疑問そのものや『変化』を捉えることができます。

消費者・顧客の意識変化の『予兆』をいち早く捉えたマーケティング活動へ

ご提供データ

データの特徴

消費者・顧客が検索しているキーワード

消費者や顧客が日常生活の中で検索しているキーワードで
細かな意識の変化を察知することに向いているデータです

消費者・顧客等のその他の属性データ

属性データと検索データやQ&A閲覧データと連携することで
属性別の意識変化やライフステージ等の把握が可能になります

ご利用ニーズにマッチした様々なソリューションでご提供

「検索キーワード」「Q&Aサイト閲覧」データをご利用ニーズに合わせ、様々な形でご提供が可能です

ご提供データ一覧

『検索・Q&A閲覧データ』をはじめとした様々なデータをご提供しています

 

検索キーワード
Q&A閲覧データ
属性(性別・年代)
ライフステージ
エリア情報
興味関心

消費者の興味関心を体系的に細分化

検索キーワードから消費者の興味関心を把握する際、無限にあるキーワードをどう管理・分析しますか?

弊社が提供する検索・Q&Aサイト閲覧データは、50,000万にのぼるカテゴリーに分類されており、
また階層構造に整理がされていることから、消費者の興味関心等を「より詳細」に、「より効率的」に分析することができます。

ボリューム・データ元が明らかな信頼性の高いデータ

月間1億UBにのぼる検索・Q&Aサイト閲覧データから消費者の「本音」を読み解く

弊社が提供する検索・Q&Aサイト閲覧データは、
NTTレゾナントが運営する日本最大級のポータルサイトgoo・教えて!gooや大手ISPサイトのデータを活用しています。
またデータボリュームは、月間約1億UBにものぼり、ボリューム・質ともに信頼性の高いデータです。

ソーシャルデータとの違い

検索・Q&Aサイト閲覧データは、ソーシャルデータに比べ、消費者の「本音」が多く含まれている?

ソーシャルデータと検索・Q&Aサイト閲覧データには、「データの質」として大きな違いがあります。
ソーシャルデータが第三者に対しての情報発信行動のデータであるのに対し、検索・Q&Aサイト閲覧データは
個人に閉じた行動であるため、より「本音」が含まれるデータとなります。