コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングにおけるロングテール戦略

多品種を膨大に揃え多様なニーズに応えるロングテール戦略は、オンラインビジネスを大きく発展させました。
この概念をコンテンツマーケティングに応用するにはどうしたらよいのでしょうか?

ニッチなキーワードを多数用意し、様々なユーザーのニーズをとらえる

ロングテール戦略とは売り上げの多い主力商品に加え、売り上げの少ないニッチ商品の総和から利益を確保する方法を指します。

Amazonを始めとするEコマース企業の登場と共に広まった概念で、売り場面積に制約のないネットショップだからこそ、膨大な数のニッチ商品を取りそろえる戦略が可能になりました。

では、コンテンツマーケティングにおけるロングテール戦略とは、どのようなものになるのでしょうか。ビッグキーワードと呼ばれるような頻繁に検索されるキーワードが主力商品になるのに対し、検索される頻度が少ない単語がニッチ商品に該当するものと考えられます。

ニッチなキーワードに対応したコンテンツを多数用意しておくと、幅広いユーザー層からの流入が期待できるようになるのです。

具体的なキーワードで検索するユーザーは購買意欲が高い

ニッチなキーワードは、単に網羅できるユーザー層を広げるだけではなくコンバージョンへとつながる可能性が高くなる傾向が知られています。

具体的なキーワードで検索する人ほど、購買意欲が高まっており、そのニーズに合致するコンテンツを発見した際に、商品購入などの行動を取りやすくなります。

オンライン広告を出稿する際にも、具体的なキーワードは有効です。検索ボリュームは少ないものの、コンバージョンへ至る確率が高ければ、少ない予算で高い効果が上げられるでしょう。

キーワード発掘ツールを使ってニッチなキーワードを発見する

ユーザーが興味関心を持っている普遍的なキーワードを発見するには、キーワード発掘ツールの利用が効果的だとされています。

MindPickでは特定のキーワードに対し、ユーザー層を絞り込んだ上で、おすすめキーワードを提示する機能があります。ビッグワードはもちろん、ビッグワードと比較すると検索ボリュームは少ないものの、ユーザーが具体的な関心を持っているキーワードはロングテール戦略に使える用語となり得るでしょう。

季節を問わないオールシーズンに利用できるものや、季節限定でユーザーが興味を抱くキーワードが発見できます。

例えば、「スマートフォン」という単語に関して、効率重視のおすすめキーワードとして「海外」「SIM」といった単語が共起語として提案されました。競争の激しいスマートフォンですが、海外で利用する際のSIMカードは、確かに気になる情報かもしれません。

このように、ニッチなキーワードを見つけると、コンテンツマーケティングにおけるロングテール戦略が推進できるのです。

まとめ

検索ボリュームが少なくてもユーザーのニーズに合致するキーワードに対して、適切な情報を用意するのがコンテンツマーケティングを成功させる重要なポイントとなります。

そのようなキーワードは、分析ツールを使って発見し、ロングテール戦略を推進してみましょう。

 

関連記事:ユーザー中心設計によるコンテンツマーケティング

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。