マーケティングファネルで最適化する、消費者行動にあわせたデジタルマーケティングの施策とKPI

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

多くのマーケティング担当者を悩ませている、コンテンツの戦略不足や、適切なゴールや目標設定の難しさ。
集客から成果に至るまでの消費者行動をシンプルに図式化したマーケティングファネルは、こうした課題の解決に役立つ考え方です。

OODAループとは?市場の変化に対応する新たなフレームワークとPDCAサイクルの使い分け

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

ビジネスの現場で、目標達成のために欠かせないフレームワークだったPDCAサイクルに変わり、なぜOODAループが注目されるようになったのでしょうか。
今回は二つのビジネスメソッドの辿ってきた歴史を踏まえ、それぞれの特徴を探ります。

デジタルトランスフォーメーションとは?これからの企業競争力を二分する注目のビジネス戦略

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

ここ数年で急速に注目を集め、国内でもますます取り組む企業が増えると予測される「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。すべての人が情報端末を持ち歩く時代の、新しいビジネスの潮流について解説します。

ホームページ(HP)満足度を上げるための2つの理論

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

ホームページに訪問した全てのユーザーの満足度を高めるには難しいでしょう。
しかし、顧客に転換したい訪問者を想定し、ユーザーコンテキスト(=ユーザーの立場や状況)を理解すれば、満足度を高めるホームページへ改善することが可能です。
今回はホームページ満足度を上げるための2つの理論について解説します。

ゴール達成に必要なターゲティングとセグメンテーション

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

ざっくりとしたゴールを達成するために、小さなゴールも併せて設定していく必要があります。
例えば、売上げを伸ばすために、「若い年齢層にアプローチする」などという具体的なゴールを設定します。このようにゴールを設定することによって、やるべきことが明確になってくると思いませんか?
今回はゴールを設定する上で大切な『ターゲティング』と『セグメンテーション』について解説していきます。

インバウンドマーケティングを仕掛ける流れ

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

FacebookやTwitterの利用者が増え、コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングという言葉もよく耳にするようになってきました。
こうしたソーシャルメディアの普及により、消費者は情報を受け取るだけでなく発信するようになりました。その結果、消費者と企業の距離が縮まってきました。
そこで、今回はインバウンドマーケティングについてじっくり考えてみようと思います。

インバウンドマーケティングとは?ネット時代の消費者行動の変化に対応したWebマーケティング手法の基礎知識

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

広告や営業から顧客を獲得することが難しくなった今、顧客の側から「見つけてもらう」ことで新たな顧客を獲得する、インターネット時代に対応したマーケティング手法として定着したのがインバウンドマーケティングです。
今回は、ネット時代のマーケティングで成否を分ける、検索エンジンやソーシャルメディア、ブログを活用して顧客に「見つけてもらう」インバウンドマーケティングの基礎知識から取り組み方まで解説します。

「人」の理解で市場を把握!定量調査と定性調査のメリット・デメリット

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

「定量調査」と「定性調査」は、代表的なマーケティングの手法です。
新たな商品やサービスを、どのように市場に導入するか。どこを狙って広告を配信すれば、顧客のエンゲージメントを最適化できるのか。
市場を的確に把握するマーケティングには、解決したい課題にあわせて、2つの調査手法を使い分けることが大切です。
今回は、定量調査と定性調査、それぞれの持つメリット・デメリットを中心に、ユーザー理解に役立つマーケティングの調査手法について解説します。

リード獲得とは?新たな見込み顧客(=新規顧客)との接点を作るWEB媒体の有効活用

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

まだ未開拓のユーザーの中からリードを獲得する、いわゆる「新規開拓」や「見込み顧客獲得」の段階は、「リードジェネレーション」と呼ばれています。
しかし、接点のないユーザーに自社の商材を認知してもらうだけでは、リード獲得とは言えません。将来的に成約に結びつくような見込み顧客の情報を入手することが、最終的な目的です。

スピーディーなPDCAサイクルを実現する『データドリブンマーケティング』とは?

Posted カテゴリー: マーケティング戦略

データドリブンマーケティングでは、販売実績や顧客情報、WEBサイトのアクセス情報など社内で蓄積したデータと、WEBや他社の販売するデータを紐づけながら分析を行い、基準となる指標に向けた改善案を抽出して実施します。
データドリブンマーケティングは、蓄積されたデータが増えれば増えるほど、予測できることの範囲は広がることが大きな特徴です。