【特集2】3rdPartyデータの種類や特徴は?5つの代表的な外部データに見る、新たなマーケティングの世界

Posted カテゴリー: データ関連

「この商品を購入した人は、この商品にも興味を抱く可能性が高い」
「このサイトにアクセスした人は、デザイナーズ住宅の購入を検討している」――。

ビッグデータの活用で、ユーザーの行動から次の未来を予測するマーケティング戦略が、企業で手軽に導入できるようになりました。
そこで注目を集めるのが、ユーザー理解を助ける礎となる、3rdPartyデータの持つ大きな価値です。

【特集1】基礎から学ぶ3rd Party データ!マーケティングの活用方法

Posted カテゴリー: データ関連

それぞれの企業が社内で保有している、顧客情報や購買履歴、WEBサイトのアクセスログ解析など自社で収集したデータは、1stPartyデータと呼ばれます。
3rdPartyデータは、この1stPartyデータ以外の第三者が提供するデータを広く指し、そのまま「第三者データ」とも使われる言葉です。

サードパーティデータ(3rd Party Data)によるユーザー分析の高度化

Posted カテゴリー: データ関連

ユーザーや顧客の行動を分析するにはサードパーティデータの活用が欠かせないと言われますが、その仕組みを理解するのは困難です。
本記事では、含まれる情報や取得される経路の観点からサードパーティデータについて解説します。

DMPって何?マーケティング業務での活用方法とは

Posted カテゴリー: CRM・顧客管理データ関連マーケティング戦略

ユーザーの行動履歴や属性情報を蓄積し、コミュニケーションを最適化するDMP(データ・マネージメント・プラットフォーム)。
用語としては知られていても、どのように利用されるか理解しにくい技術でもあります。マーケティング業務における活用方法について考えてみましょう。